mainvisualRED HAT FORUM TOKYO 2017 THE IMPACT OF THE INDIVIDUAL

RED HAT FORUM TOKYO 2017

THE IMPACT OF THE INDIVIDUAL

オープンな対話と変化が導くイノベーション

20171020日(金)

ウェスティンホテル東京
開催概要開催概要

第四次産業革命とも言われ、ビジネス環境が激変する今、真のイノベーションとは何でしょうか?
素晴らしいアイデアでしょうか。それとも、優れたテクノロジーでしょうか。
私たちレッドハットが考えるイノベーションの源泉は、より良いものを生み出そうと挑戦する情熱とオープンなマインドを持つ、多様な“個”の力です。一人ひとりが“個”の力を発揮し、ビジネスと開発が一体となって強い束となった時、イノベーションを自分たちで巻き起こすことができるのです。
レッドハット・フォーラム 2017 では、「THE IMPACT OF THE INDIVIDUAL」をテーマに “個”との対話や先進事例、オープンソースの最新テクノロジーの共有を通じて、イノベーションを実現するためのさまざまなヒントが散りばめられた刺激的な場をご用意いたします。
皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げております。

開催概要

開催日 2017年10月20日(金)
会場 ウェスティンホテル東京
参加費 無料(事前登録制)
主催 レッドハット株式会社

RED HAT FORUM TOKYO 2017

4つのテーマ

私たちRED HATが考えるイノベーションを実現するための
“個”との対話や先進事例、最新テクノロジーの共有を通じた
刺激的な場を体感してください。

OpenStack/
クラウド

導入が本格化しているRed Hat OpenStack Platform。数あるユーザー導入事例から、厳選した内容でお届けします。また、次世代のアジャイル基盤となるOpenStack環境とコンテナ環境の関係についても紐解いていきます。さらにRed Hat Enterprise Linux の最新情報、プライベート/パブリックいずれのクラウドも最大活用するためのクラウドマネジメント・ソリューションについてもご紹介します。

アプリケーション
プラットフォーム

IoTやFinTech時代の企業のデジタルトランスフォーメーションを支えるアプリケーション基盤を提供しているレッドハット。国内No.1 の実績を誇るRed Hat JBoss BRMS(ビジネスルールエンジン)の最新導入事例や、注目度が高まるAPI管理基盤など、俊敏にサービスをリリースしてマネタイズするための多彩なソリューションをご紹介します。

コンテナ/
DevOps

時代は、コンテナ活用へ。注目のコンテナテクノロジーをプラットフォームから支えるRed Hat OpenShift Container Platform。最新技術のご紹介から、マイクロサービスアプリケーションを実現するためのDevOpsへのアプローチ、なぜ企業は今コンテナアプリケーションが必要なのか?等、国内外の最新事例を多数交えつつ、具体的な内容でお届けします。

オートメーション/
マネジメント

ソフトウェア・デファインド・インフラストラクチャが現実味を帯びるなか、注目度No.1はやはりAnsible。企業のIT基盤の構築からアプリケーション開発、環境メンテナンスまで、いかにオートメーションを実現するか。レッドハットが提供するマネジメントソリューションは多岐に渡ります。レッドハット製品やオープンソースソフトウェアの積極的な導入を進めている方に、さまざまなお役立ち情報をお届けします。

16のキーワード

午後のブレイクアウトセッションでは、これらのソリューションを以下の16のキーワードに分け、
導入事例やデモを交えながらわかりやすくご紹介します。

売上増大への直接的な貢献
業務及びITコストの削減
顧客サービスの質的な向上
システムの性能や信頼性の向上
既存システムの統合性強化
情報セキュリティ対策の強化
情報活用の促進
ビジネス・イノベーションの創出
経営や部門における意思決定の迅速化
グローバル・ビジネスへの対応強化
従業員のワークスタイル革新
新技術・製品に関する
知識・活用方法の習得
内部統制や法令遵守への対応
社内・部門の人材育成
社内・部門における組織再編
(子会社含む)
その他
ウェスティンホテル東京

ACCESS

ウェスティンホテル東京

〒153-8580 東京都目黒区三田1-4-1

JR山手線・埼京線「恵比寿駅」東口より「恵比寿スカイウォーク」で約7分
地下鉄日比谷線「恵比寿駅」JR方面出口より「恵比寿スカイウォーク」で約10分

MAP

お問い合わせ

ご不明点は レッドハット・フォーラム 登録事務局 までお問い合わせください。

※フォームが正常に表示されない場合は info@redhat-forum.jp にご連絡ください。

THE IMPACT OF
THE INDIVIDUAL

RED HAT FORUM TOKYO 2017

好評のうちに終了しました